Skip to content

免疫力向上

1819日本抗加齢医学会総会(2018.5.25-27 大阪、2019.6.14-16 横浜)、

統合医療機能性食品国際学会 第26-27年会(2018.7.21-222019.7.27-28 札幌)、

日本食品科学工学会 第66回大会(2019.8.28-31 札幌)発表内容

― 共同研究先:株式会社 小名細胞アッセイ技術研究所 ―

 

免疫とは

 

 免疫(免疫系)とは、自分ではないもの(異物)を見分け、外部から侵入した病原体や体内に発生した異常細胞であるがん細胞などを認識して取り除くとにより、体を病気から保護する仕組みです [1]。この際、異物をパトロールにより発見、そして最初の攻撃である傷害を与えたり、食べてしまうのが自然免疫です。ナチュラルキラー(NK)細胞、マクロファージと好中球(白血球)がこの役割をします(図1参照)。

 さらに、警報を発令し、異物情報(抗原)情報を伝達し、個々の特異的な構造に対して特異性の高い抗原結合分子(抗体)の作成を促します。樹状細胞がこれを行います。

 この情報を受け取り、対応するのが獲得免疫です。情報(抗原)は、ヘルパーT細胞に伝達され、ヘルパーT細胞は自然免疫系のマクロファージを活性化します。同時に、最初は個々の異物に特異的な細胞が少ないため、サイトカインをB細胞、キラーT細胞に送り活性化して細胞を増殖させ、有効な攻撃を起こすのに十分な数を作り出します。また、異物の情報を記憶して、同じ異物に再び遭遇すると速やかに攻撃できる長寿命の細胞を産生します。

 これらの中でナチュラルキラー(NK)細胞が現在注目を集めています [2]。

図1 免疫のメカニズム

 

 

ナチュラルキラー(NK)細胞

 

 ナチュラルキラー(NK)細胞は、上述のように自然免疫応答として、最初に異物を攻撃します [2]。

 一方、獲得免疫応答では、ナイーブT細胞は、異物侵入や感染中に増殖し対応するが、同じ異物(抗原)や病原体に繰り返し遭遇した際に増殖する、長寿命の記憶細胞を産生します。

 しかし、最近NK細胞は、体の感染後に100から1,000倍に増殖し、しかもリンパ系と非リンパ系器官に数ヶ月間存在することが報告されています [2]。これらの自己複製するメモリー NK細胞は急速に再活性化時に脱顆粒し、サイトカインを産生します。これがB細胞とキラーT細胞を活性化し、異物への攻撃を増します。

 このため、NK細胞は、自然免疫と獲得免疫の両方の強力な防御免疫を行えることが判明し、免疫力の向上のカギとして働いています。

 

開発のきっかけ

 

 NK細胞の活性化について、短時間で高い効果が得られるする食品を探していました。この中には、ビタミン類、イソフラボンであるゲニステインが含まれるソラマメ、クルクミンが含まれるウコン、ショウガ、ニンニクなどが候補として挙げられました [3]。しかし、NK細胞の活性と増殖を促進するものは多糖類だけで、腸管吸収されないものや効果の低いもの、毒性があるものもありました。

 探索を続けている中で、抗がん向けに開発を進めていた「急速・同時休眠打破巨峰ブドウ種子胚乳」を摂取した場合に、「体が温まる」、「目が良く見えるようになった」、「疲れが取れる」などの体感があることが判ってきました。この資材は、巨峰ブドウのタネを独自開発グランディール製法により、迅速・同時休眠打破(めざめ)させることにより、タネ自身で中身(成分)を変換させた後、タネの中身(種子胚乳)だけを取り出したものです。このため、濃縮も抽出もしておらず、長い食習慣のある多糖類主体の食品そのままです。「抗がん」の項を参照。

 

 

迅速・同時休眠打破巨峰ブドウ種子胚乳によるヒトNK細胞の活性化

 

 経口投与(食べること)を想定した、休眠打破巨峰ブドウ種子胚乳のNK細胞の活性化について検討しました。この結果、1.5倍以上と非常に高い活性化が、わずか2.5時間後に見られ、迅速で高い効果が認められました(図2)。

図2 迅速・同時休眠打破巨峰ブドウ種子胚乳のNK細胞活性化効果

 

 

迅速・同時休眠打破巨峰ブドウ種子胚乳のNK細胞増殖効果

 

 経口投与(食べること)を想定した、休眠打破巨峰ブドウ種子胚乳のNK細胞の増殖効果について検討しました。この結果、約1.4倍と非常に高い増殖効果が、わずか2.5時間後に見られ、迅速で高い効果が認められました。このため、NK細胞の活性化効果と増殖効果の二種類の効果が同時に得られ、また相乗効果が期待されます(図3)。

 

 

図3 迅速・同時休眠打破巨峰ブドウ種子胚乳の免疫力向上効果

 

迅速・同時休眠打破巨峰ブドウ種子胚乳

 

 濃縮も抽出せず、長い食習慣のある食品そのままで、安心・安全な高機能化に成功しました。年齢とともに低下していく若々しさや、健やかさ。これを巨峰ブドウの赤ちゃんの生命力が、体本来の力に働きかけ、良い状態に保つお手伝いをします。健康食品としての開発を終了し、現在は医薬品としての開発を行っています。大切なワンちゃんにも!

 

引用文献

[1] Chaplin, D. D. (2006). 1. Overview of the human immune response. Journal of allergy and clinical immunology117(2), S430-S435.

[2] Sun, J. C., Beilke, J. N., & Lanier, L. L. (2009). Adaptive immune features of natural killer cells. Nature457(7229), 557-561.

[3] Grudzien, M., & Rapak, A. (2018). Effect of natural compounds on NK cell activation. Journal of immunology research, 2018: 4868417.